自毛植毛という手法

薄毛治療の中でも最終手段と言われているのが、植毛です。
植毛の中にも大きく2種類のアプローチがあって、人工毛髪を植える方法と自毛植毛があります。
自毛植毛とは、自分の髪の毛を皮膚と一緒に薄毛になっている個所に移植することで髪の毛のボリュームを増やす方法です。
薄毛に悩んでいる人でも、サイドや後頭部にはフサフサ髪の毛の残っているケースも多いです。
この髪の毛が健康の生えている所から移植するわけです。


皮膚と一緒に髪の毛を採取したら、1株ごとに切り分けられます。
そして薄毛になっている個所の頭皮に穴をあけて、1株ずつ植えていく方法をとります。
自毛植毛の成功率は95%となっていて、現在の技術をもってすれば、ほぼ確実に成功する手術と言われています。
移植手術の一種ですから、麻酔を使って外科手術を実施します。
もちろん麻酔のかかっている手術中に痛みを感じることはありません。
しかし麻酔が切れると、手術後に痛みを感じる可能性があります。
ただし一定時間が経過すれば、徐々に痛みも治まります。
我慢できない痛みであれば医者に言うと、痛み止めの薬が処方されるかもしれません。
自毛植毛で植毛された髪の毛はいったん抜けます。
しかし頭皮が定着すれば髪の毛は再生します。


自毛植毛は長期的な視点で見れば、人工毛植毛と比較してメリットが大きいといわれています。
具体的にどのようなメリットが期待できるか、当サイトでいくつか紹介します。
植毛をしようと思っている人は、参考にしてみてください。

Copyright © 2014 長い目で見ると自毛植毛が有効な手段 All Rights Reserved.